パナソニックグループ

大分でパナソニックテクノストラクチャーの家を建てるならハートフルホーム木戸産業株式会社

ハートフルホーム
Produce by 木戸産業株式会社
BlogFacebookTwitterTwitterYoutubeContact
営業時間 : あさ9時~よる7時まで 年中無休
フリーダイアル 0120810-282




パナソニックビルダーズグループとは
私たち「パナソニックビルダーズグループ」はパナソニックとのパートナーシップで
優良な住まいをご提案する地域の優良ビルダーグループです。




















昨年の熊本地震や新潟糸魚川大火災をきっかけに、日本中があらためて住宅に求められる当たり前の大切なことに注目し始めました。 木造住宅を地震などの災害から守るにはきちんとした構造計算と耐震最高ランクの等級3を確保しているかどうかがカギになります。
パナソニックテクノストラクチャー工法は1995年の販売開始以来、一貫して「台風・地震に強い家」をかたくなに推進してまいりました。






熊本地震では最近新築した住宅が建築基準法(新耐震基準)を満たす住宅なのに、その多くが倒壊したのはなぜですか?


建築基準法で定められている耐震基準は、最低ランクの「耐震等級1」であり、一般の木造住宅の多くはこの「耐震等級1」に基づいて建てられているのです。「耐震等級1」の性能とは、「一回の震度6強の地震発生時、建物が傾いても倒壊には至らない程度」です。したがって、地震の後自宅は傾いてしまっており、再居住は困難になります。そのため、被災者は帰る家を失い、避難施設に留まるか、自宅を再建築しなければならない悲劇につながります。まして、今回の熊本地震のように2回も震度7の地震に見舞われれば、「耐震等級2」の住宅でも、大きな被害が発生しています。
それに比べて、テクノストラクチャーの家・ハートフルホームの耐震等級3(最高ランク)の住宅は、耐震等級1の「1.5倍」の地震耐久力を有しています。具体的には、震度7の地震発生時でも、その被害は壁の修繕程度に留まり、再び我が家に住み続けることが可能です。実は、テクノストラクチャーの家は非常時に防災拠点となる警察署・消防署と同レベルの高度な耐震性を有しているのです。










パナソニック・テクノストラクチャーの家では、設計時に全ての住宅について、1棟ごとに構造計算を実施するそうですが、構造計算ってどんなものですか?


今回の熊本地震で初めてわかったことは、地震や台風の揺れに強い住宅をつくるためには、「壁の量と配置バランス」が極めて大きな意味を持つということです。とくに地震に強い家にするためには、1階の耐震性の強化がポイント。そのためには、強い壁を必要な量・必要な箇所にバランスよく配置することが重要なのです。 ところが、一般的な木造住宅ではこの「壁の量とバランス」は建築士の経験・大工としての勘に頼っており、詳細な計算が行われていないのが現実です。「壁の量とバランス」について、確かなチェックなしでも住宅が建てられることに疑問を持たれる方もいらっしゃると思いますが、構造計算は複雑で難しく、高度な知識・手間が必要なため、法律上は2階建までの木造住宅では、構造計算書の提出が義務付けられていないのです。



テクノストラクチャーの住宅は、我が家の「壁の量と配置」が正しいかどうかを、構造計算によってきっちりと確認しています。具体的には、「壁量計算(簡易なチェック)」と「構造計算(詳細なチェック)」の2つの方法により、地震や台風に対する安全性を正確かつ厳格にチェックしているのです。
パナソニックのテクノストラクチャーの家は自由設計なので、1棟ごとのオーダーメイドで構造計算を行い、また法律で定めるレベルをはるかに超える388項目で構造計算を行っています。






熊本で被災された住宅が再建築される際には制震システムが採用されるケースが多いそうですが、制震システムにはどんな機能があるのですか?耐震との関係はどんなものですか?


地震の被害で見逃せないのが、揺れで倒壊した建物や倒壊した家具等の下敷きになることによる人的被害です。テクノストラクチャーの耐震技術にさらなる安心をプラスするのが「テクノダンパー」による制震システムです。1階の地震の揺れを吸収することで、建物全体の揺れを抑え、家具の転倒やクロスの破損被害を低減します。 一般的な木造住宅に比べ最大70%(※1)の揺れを低減するため、繰り返し襲ってくる地震対策(熊本地震では震度7が2回連続)としてとくに効果があります。
「耐震等級3(揺れに耐える)」と「制震(揺れを吸収する)」をダブルで採用することにより、悲惨な建物倒壊や家具等の転倒リスクに対してさらに威力を発揮し、安心と安全をご提供します。








テクノストラクチャーの家は、一般的な木造住宅に比べて耐火性能が高いそうですが、火災保険料も安くなるのですか?



安くなります。テクノストラクチャーの家は住宅金融支援機構のフラット35の事前承認を受けており、省令準耐火構造の住宅として認められています。耐火性に優れているため、火災保険料は鉄筋コンクリート造・鉄骨造の住宅と同じクラスであり、一般的な木造住宅に比べて断然安くなります。










フラット35の住宅ローンを利用すると、テクノストラクチャーの家では金利の優遇措置があるのですか?



フラット35は住宅金融支援機構が取り扱う全期間固定金利の住宅ローンです。将来の金利上昇時にも安心のため、低金利下では最も利用されている住宅ローンです。テクノストラクチャーの家は耐震等級3の高規格住宅であるため、最優遇の「金利Aプラン」が適用されます。当初10年間基準金利から0・3%低い金利適用となるため、下記のとおり一般的な木造住宅に比べて大幅に返済負担の軽減が可能となります。










テクノストラクチャーの住宅は、一般的な木造住宅に比べて地震保険料も安くなるのですか?



テクノストラクチャーの住宅は「耐震等級3」なので、地震保険料は最大50%の割引が適用されます。これは、耐震性に優れた住宅を積極的に推進するために導入されている措置です。一般的な木造住宅については、通常建築年割引の10%しか割引されません。



















この度の熊本・大分地震では別府市内のお客様を訪問して、被害状況の確認や火災保険の請求方法を説明し、大変喜ばれました。被害状況もクロスの亀裂と基礎のヘアクラックの軽微な被害で、最高ランクの耐震を勧めて良かったと思いました。





東京オリンピックの新国立競技場の屋根は「木と鉄のハイブリット」で造られることで、画期的な構造と注目されていますが、私共パナソニックのテクノストラクチャーの住宅も最新の技術「木と鉄のハイブリット工法」です。





住宅の構主要構造部は木材のみでは地震に弱く、鉄骨では内外装や結露の面に問題があります。「木」と「鉄」の長所と短所を上手く取り入れた工法がテクノストラクチャー工法です。









弊社は私の父が終戦直後の昭和21年に製材業を起業し、おかげさまで地元で創業66年を迎えることができました。地元の皆様の支えやご指導をいただけたからと心から感謝しています。昭和30年代には住宅事業へ業務を拡大してまいりましたが、住宅には大きな変化がありました。

①阪神淡路大震災を契機に住宅の耐震性の重要さ
②温暖化対策として住宅の省エネ性能向上とその数値化が要求されるようになりました。


弊社も木造住宅の安全性をさらに向上させて「生命・財産を守る家づくり」を実現させるために、平成15年6月、パナソニックの耐震住宅工法「テクノストラクチャー」を採用いたしました。多くのお客様からご採用を頂き、114棟(平成24年9月現在)の実績となりました。さらに最近では、住まいのあり方が大きく変わろうとしています。

太陽光や風力など再生可能エネルギー(創エネ)
住宅や自動車に取り組んだ蓄電池(蓄エネ)
そしてLEDやエコを追求した電気商品(省エネ)


の3つで構成される「エネルギースマート化に対応した住宅の時代」が確実に近づいています。これから数年後には皆様が想像もできないような「電気と住宅が一体化した生活」が実現していることでしょう。弊社はこれからも地域で愛される企業を目指して、パナソニックと連携してお客様に安心できる住まいをご提案させていだきます。今後とも末永くご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。















ハートフルホーム木戸産業株式会社
■本社 〒873-0643 大分県国東市国東町富来浦1560
TEL.0978-74-0446 FAX.0978-74-1486 E-MAIL:kido-21@fancy.ocn.ne.jp
パナソニックビルダーズグループ・アバンセ・テクノストラクチャーの家
新築注文住宅・モデルハウス販売・建売住宅・リフォーム
自由設計の設計・施工を行う 大分のハートフルホーム木戸産業株式会社です
別府市・国東市・杵築市・速見郡・由布市・その他近隣地域

私たちのこと
パナソニックビルダーズグループとは?
テクノとは?
24時間アフターサービス
あんしんの受賞実績
TVCM広告
会社概要

家を体験する
モデルハウス
次期モデルハウス
住宅訪問記
フォトギャラリー
ラインナップ
新築つむぎえ
ゼッチ住宅
新築フォルカーサ
新築フォリカーサゼロ
新築平屋HIRAYA
3階建住宅ステラトーレ
二世帯住宅

住宅訪問記
大分県別府市Tさま邸
大分県杵築市Oさま邸
大分県国東市Sさま邸
PanasonicリフォームClub
PanasonicリフォームClubとは?
家検とは?
お教室イベント
リフォーム施工事例

最新情報ページ
建築中を見る
新着情報
最新イベント予告
最新イベント報告
会社案内
リクルート
プライバシーポリシー

お問合せ
お問合せ
資料請求
モデルハウス見学予約